Privacy

EU指令第2016/679号第13条に従った個人データの処理に関する情報

プライバシーポリシーとCookieポリシー

このポリシーは、サイトhttps://megadynegroup.com/it(以下「サイト」)を通じて収集された個人データの処理に関する Megadyne S.p.A(以下「Megadyne」または「管理者」)の処理を記したものです。

特別な指定がない限り、本ポリシーは、EU指令第2016/679号第13条(以下GDPR)に基づき、本サイトにてやり取りを行う人(以下利用者)に対して提供される情報にも適用されます。

必要に応じて、ウェブサイトを通じて提供される個々のサービスに関連するページには、個人データの処理に関する細かい情報が表示されています。これらの情報は、利用者が必要に応じて自由に同意を表明し、データの収集とその後のこれらの処理を許可することで、各サービスの個人データ処理の制限と方法を定義することを目的としています。

処理の管理者/処理の責任者

処理の管理者はMegadyne(所在地:Via Trieste 16 - 10075 Mathi (Torino) 電話番号:+39.011.926.8052 メールアドレス:info@megadynegroup.com)です。処理責任者に関する最新のリストは管理者本部に用意されています。

処理されるデータの種類

ウェブサイトを通じて、以下の情報を収集・処理することができます。

  • 閲覧データ
  • ウェブサイトにある連絡先フォームを通じて利用者が自発的に提供する個人データ

Cookie

Cookieとは、後に同じウェブサイトを開いた時に状態情報を維持するため、ウェブサイトにアクセスしたユーザーの端末に送信・保存される小さなテキストファイルです。Cookieを使用すると、サイトが適切かつ効率的に動作して、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができ、ウェブサイトがコンピューターやその他のデバイスのメモリに情報を保存できるようになります。

ウェブサイトでは技術的Cookieを使用します。これらのCookieは、技術的な性質を持ち、利用者の事前の同意を必要とせずにインストールおよび使用することができます。

特に、ウェブサイトで使用されるcookieは、以下のサブカテゴリまで追跡が可能です。

  • 閲覧やアクセスページを管理するcookieは、ウェブサイトの通常の閲覧と使用を保証し、利用者がウェブサイトをどのように使用しているか、何人がウェブサイトを閲覧しているか、どのような手段でアクセスに至ったか、どのようなウェブサイトを閲覧しているかなどの情報を匿名で収集します。これらは利用者のコンピューターには保存されず、ブラウザを閉じると消去されます。
  • Google アナリティクスで使用されているようなcookie解析は、コンピューターやその他の端末を介して、ウェブサイトの利用者数、または閲覧中のページでのクリック回数、またはユどのような手段でアクセスに至ったか、どのようなウェブサイトを閲覧しているかなどの統計情報を収集・分析します。
  • ソーシャルウィジェットとプラグインソーシャルネットワーク で利用できる ウィジェットプラグイン の中には、参照サイトとのやりとりを容易にするために独自の Cookie を使用するものがあります。

以下は、ウェブサイトにインストールされているサードパーティのCookieです。個人データの処理と使用されたクッキーを無効にする方法に関するそれぞれのリンク先は以下の通りです。サードパーティのCookieに関して、管理者は、本ポリシー内にサードパーティサイトのリンクを掲載する必要があります。cookieの同意や無効のための方法の開示および表示は、それぞれの義務となります。

利用者は、以下のリンク先に記載されているサプライヤーの指示に基づいてブラウザの設定を確認・変更することで、Cookieを無効にすることができます。

処理の目的と法的根拠/

ウェブサイトを介して収集された個人データは以下を目的に処理されます。

  1. 利用者から送信された情報要求への応答
  2. メール、SMS、MMS、FAX、郵便サービスまたはオペレータとの電話による通話による商品やサービスに関するマーケティングコミュニケーションの送信

a)を目的とした個人データ処理は、GDPRの第6.C.1条のb)に従い、当事者の特定の要求を満たすために処理が必要となることから、利用者の同意を必要としません。b)を目的とした個人データ処理は、GDPRの第6.C.1条のa)に従い、利用者の同意を必要とします。

データの提供と提供しなかった場合の影響

上記の目的のために個人データの提供は任意ですが、データの提供なしでは、管理者による当事者の要求管理・遂行や当事者への商品やサービスに関するマーケティングコミュニケーションの送信ができなくなります。

受領者または受領者となりうる部門

個人データはアクセス可能となり、場合に応じて、責任者または担当者として指定された以下の個人またはエンティティと共有される可能性があります。

  • 管理者が属する企業(親会社、子会社、関連会社)、従業員、所有者や所有者が所属するグループの企業として活動を行う共同作業者
  • 管理者が法的または契約上の義務に従い、上記の目的を達成するための補助的な活動を展開するのに必要、もしくは管理者が個人データの通知を義務付けられている公的個人または法人。

いずれの場合でも、個人データが流出することはありません。

保管期間

上記の目的のための個人データの保管期間は、登録から24ヶ月間となっています。Megadyneの正当な利益がこの期間よりも長期にわたる場合、Megadyneはさらなる情報を提供します。

アクセス、削除、制限、移転する権利

当事者は、GDPRの第15条から20条に従い、以下の権利を行使する資格が与えられています。一例として、当事者は以下の権利を遂行することが可能です。

  1. 自分に関する個人データの処理が進行形か否かの確認
  2. 進行中の場合は、個人データおよび処理に関する情報へのアクセス、さらに個人データのコピーの要求
  3. 不正確な個人データの修正と不完全な個人データの統合
  4. GDPR第17条が定めるいずれかの条件が存在する場合の自分に関する個人データの削除
  5. GDPR第18条に該当する場合の処理制限
  6. 自動装置によって広く使用されていて、判読可能な構造化された形式での自分に関する個人データの受信、および技術的に実現可能であれば、他の管理者への個人データの送信

異議を申し立てる権利

各当事者は、管理者の正当な利益を追求するために行われた自分に関する個人データの処理に対して、いつでも異議を申し立てる権利を有します。異議を申し立てた場合、関係者の利益、権利および自由を支配する正当な理由がないこと、または裁判所における権利の確立、行使または防御のための正当な理由がないことを条件に、お客様の個人データの処理は中止されます。

同意を撤回する権利

個人データの処理に同意が必要な場合、各当事者は、取り下げる前の同意に基づく処理の合法性になんら影響を与えることなく、いつでも同意を撤回することができます。同意を撤回するにはメールアドレスprivacy@megadynegroup.comにメールをお送りください。

マーケティングの目的で行われた処理に関する同意の撤回と異議を申し立てる権利

B)を目的とした個人データ処理について、当事者は、privacy@megadynegroup.comにメールを書くことによって、いつでも彼らの処理に異議を申し立て、事前に交わした同意を撤回することができますこれらの方法で行使される処理に対する異議の申し立ては、郵便や電話を使ったオペレータからのコミュニケーション通話も対象となります。ただし、例えば自動化された通信システムを使った処理にのみ異議を申し立てるなど、この権利を部分的に行使することも可能です。

保証人に異議を申し立てる権利

さらに、当事者は、GDPRに基づいて自分の権利が侵害されていると思われる場合、アドレスwww.garanteprivacy.itからアクセス可能な保証人のウェブサイトに記載されている手順に従って、個人情報保護監査局に異議を申し立てることができます。

更新このプライバシーポリシーは更新されることがあります。そのため、ウェブサイトを通じて収集された個人データの処理方法に関する新しい情報を知りたい利用者は、定期的にこのページを閲覧するようにしてください。

お客様へ

EU指令第2016/679号第13条(以下「GDPR」)に従い、Megadyne S.p.A.(以下「Megadyne」または「管理者」)は、貴社(以下「お客様」)および個人事業主に関するお客様もしくは第三者から収集された個人データ(以下「データ」)が、EU一般データ保護規則第2016/679号(以下「GDPR」)および以下の声明に従い、処理されることをここに報告します。

この声明で説明するデータの処理について、個人事業主に通知し、必要に応じて同意を求めることは、お客様の責任となります。

処理の管理者/処理の責任者

処理の管理者はMegadyne(所在地:Via Trieste 16 - 10075 Mathi (Torino) 電話番号:+39 011 926 8052 メールアドレス:info@megadynegroup.com)です。

処理責任者に関する最新のリストは管理者本部に用意されています。

処理の目的と法的根拠/正当な利益の追求

データ処理の目的は以下の通りです。

  1. 管理者を対象とする法的義務の履行
  2. お客様が当事者となっている契約の履行またはお客様からの要請に対応するための契約前措置の実行 
  3. 裁判所における権利の証明、行使または保護
  4. 購入済みのものと類似の製品およびサービスに関するマーケティングコミュニケーションの送信(いわゆる「ソフトスパム」)
  5. メール、SMS、MMS、FAX、郵便サービスまたはオペレータとの電話による通話による商品やサービスに関するマーケティングコミュニケーションの送信を含むプロモーションおよびマーケティング活動
  6. 上記d)とe)を実施するためのプロファイリング活動。

a)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のc)に従い、管理者を対象とする法的義務の履行にお客様の同意を必要としません。b)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のb)に従い、お客様が当事者となっている契約の履行またはお客様からの要請に対応するための契約前措置の実行にお客様の同意を必要としません。c)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のf)に従い、管理者の正当な利益を追求するために必要であることからお客様の同意を必要としません。d)を目的としたデータ処理は、管理者の正当な利益を追求するために必要であることからお客様の同意を必要としません。e)を目的としたデータ処理は、第6.C.1条のa)に従い、お客様の同意を必要とします。

f)を目的としたデータ処理は、第6.C.1条のa)に従い、お客様の同意を必要とします。

データの提供と提供しなかった場合の影響

a)とb)を目的としたデータの提供は任意ですが、法的および契約上の義務の履行に必要となっています。c)とd)を目的としたデータの提供は任意ですが、上記に示す管理人の正当な利益の追求に必要となっています。いずれの場合も、データの提供なしでは、管理者がお客様との取引関係を確立することは不可能となります。e)とf)を目的としたデータの提供は任意ですが、データの提供なしでは、管理者は該当する目的を達成するための活動を行うことが不可能となります。

受領者または受領者となりうる部門

データはアクセス可能となり、場合に応じて、管理者によって責任者または自主的な管理者として指定された以下の個人またはエンティティと共有される可能性があります。

  • 管理者が属する企業(親会社、子会社、関連会社)、従業員、所有者や所有者が所属するグループの企業として活動を行う共同作業者
  • 管理者が法的または契約上の義務に従い、上記の目的を達成するための補助的な活動を展開するのに必要、もしくは管理者がデータの通知を義務付けられている個人または法人。

いずれの場合でも、データが流出することはありません。

第三国へのデータ送信

データはEU加盟国内で流通します。さらに、Megadyneでは、必要に応じて、第三国にデータを転送することがあります。

保管期間

データは、時に、管理者が行使できる権利が定める最長保管期間処理されます。

アクセス、削除、制限、移転する権利

当事者は、GDPRの第15条から20条に従い、以下の権利を行使する資格が与えられています。一例として、当事者は以下の権利を遂行することが可能です。

  1. 自分に関する個人データの処理が進行形か否かの確認
  2. 進行中の場合は、個人データおよび処理に関する情報へのアクセス、さらに個人データのコピーの要求
  3. 不正確な個人データの修正と不完全な個人データの統合
  4. GDPR第17条が定めるいずれかの条件が存在する場合の自分に関する個人データの削除
  5. GDPR第18条に該当する場合の処理制限
  6. 自動装置によって広く使用されていて、判読可能な構造化された形式での自分に関する個人データの受信、および技術的に実現可能であれば、他の管理者への個人データの送信

異議を申し立てる権利

各当事者は、管理者の正当な利益を追求するために行われた自分に関する個人データの処理に対して、いつでも異議を申し立てる権利を有します。異議を申し立てた場合、関係者の利益、権利および自由を支配する正当な理由がないこと、または裁判所における権利の確立、行使または防御のための正当な理由がないことを条件に、お客様の個人データの処理は中止されます。

同意を撤回する権利

個人データの処理に同意が必要な場合、各当事者は、取り下げる前の同意に基づく処理の合法性になんら影響を与えることなく、いつでも同意を撤回することができます。同意を撤回するにはメールアドレスprivacy@megadynegroup.comにメールをお送りください。

保証人に異議を申し立てる権利

さらに、当事者は、GDPRに基づいて自分の権利が侵害されていると思われる場合、アドレスwww.garanteprivacy.itからアクセス可能な保証人のウェブサイトに記載されている手順に従って、個人情報保護監査局に異議を申し立てることができます。

サプライヤー様へ

EU指令第2016/679号第13条(以下「GDPR」)に従い、Megadyne S.p.A.(以下「Megadyne」または「管理者」)は、貴社(以下「サプライヤー」)および個人事業主に関するお客様もしくは第三者から収集された個人データ(以下「データ」)が、EU一般データ保護規則第2016/679号(以下「GDPR」)および以下の声明に従い、処理されることをここに報告します。

この声明で説明する個人データの処理について、個人事業主に通知し、必要に応じて同意を求めることは、サプライヤーの責任となります。

処理の管理者/処理の責任者

処理の管理者はMegadyne(所在地:Via Trieste 16 - 10075 Mathi (Torino) 電話番号:+39 011 926 8052 メールアドレス:info@megadynegroup.com)です。

処理責任者に関する最新のリストは管理者本部に用意されています。

処理の目的と法的根拠/正当な利益の追求

データ処理の目的は以下の通りです。

  1. サプライヤーの技術的、経済的、財務的立場を評価し、管理者が管理するサプライヤーデータバンクに追加またはデータの更新のために必要な条件を満たしているかの確認
  2. 管理者を対象とする法的義務の履行
  3. サプライヤーが当事者となっている契約の履行またはお客様からの要請に対応するための契約前措置の実行 
  4. 裁判所における権利の証明、行使または保護
  5. a)で述べた評価と検証を実施することを目的としたプロファイリング活動

a)とd)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のf)に従い、管理者の正当な利益を追求するために必要であることからサプライヤーの同意を必要としません。a)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のc)に従い、管理者を対象とする法的義務の履行にサプライヤーの同意を必要としません。c)を目的としたデータ処理は、GDPRの第6.C.1条のb)に従い、サプライヤーが当事者となっている契約の履行またはサプライヤーからの要請に対応するための契約前措置の実行にサプライヤーの同意を必要としません。e)を目的としたデータ処理は、第6.C.1条のa)に従い、サプライヤーの同意を必要とします。

データの提供と提供しなかった場合の影響

a)とd)を目的としたデータの提供は任意ですが、管理人の正当な利益の追求に必要となっています。b)とc)を目的としたデータの提供は任意ですが、法的および契約上の義務の履行に必要となっています。いずれの場合も、データの提供がなくても契約に大きく影響はしませんが、管理者がサプライヤーとの取引関係を確立することは不可能となります。e)を目的としたデータの提供は任意ですが、データの提供なしでは、管理者は該当する目的を達成するための活動を行うことが不可能となります。

受領者または受領者となりうる部門

データはアクセス可能となり、場合に応じて、管理者によって責任者または自主的な管理者として指定された以下の個人またはエンティティと共有される可能性があります。

  • 管理者が属する企業(親会社、子会社、関連会社)、従業員、所有者や所有者が所属するグループの企業として活動を行う共同作業者
  • 管理者が法的または契約上の義務に従い、上記の目的を達成するための補助的な活動を展開するのに必要、もしくは管理者がデータの通知を義務付けられている公的個人または法人。

いずれの場合でも、データが流出することはありません。

第三国へのデータ送信

データはEU加盟国内で流通します。さらに、Megadyneでは、必要に応じて、第三国にデータを転送することがあります。

保管期間

データは、時に、管理者が行使できる権利が定める最長保管期間処理されます。

アクセス、削除、制限、移転する権利

当事者は、GDPRの第15条から20条に従い、以下の権利を行使する資格が与えられています。一例として、当事者は以下の権利を遂行することが可能です。

  1. 自分に関する個人データの処理が進行形か否かの確認
  2. 進行中の場合は、個人データおよび処理に関する情報へのアクセス、さらに個人データのコピーの要求
  3. 不正確な個人データの修正と不完全な個人データの統合
  4. GDPR第17条が定めるいずれかの条件が存在する場合の自分に関する個人データの削除
  5. GDPR第18条に該当する場合の処理制限
  6. 自動装置によって広く使用されていて、判読可能な構造化された形式での自分に関する個人データの受信、および技術的に実現可能であれば、他の管理者への個人データの送信

異議を申し立てる権利

各当事者は、管理者の正当な利益を追求するために行われた自分に関する個人データの処理に対して、いつでも異議を申し立てる権利を有します。異議を申し立てた場合、関係者の利益、権利および自由を支配する正当な理由がないこと、または裁判所における権利の確立、行使または防御のための正当な理由がないことを条件に、お客様の個人データの処理は中止されます。

同意を撤回する権利

個人データの処理に同意が必要な場合、各当事者は、取り下げる前の同意に基づく処理の合法性になんら影響を与えることなく、いつでも同意を撤回することができます同意を撤回するにはメールアドレスprivacy@megadynegroup.comにメールをお送りください。

保証人に異議を申し立てる権利

さらに、サプライヤーは、GDPRに基づいて自分の権利が侵害されていると思われる場合、アドレスwww.garanteprivacy.itからアクセス可能な保証人のウェブサイトに記載されている手順に従って、個人情報保護監査局に異議を申し立てることができます。